クイーン
PR

【ディスクレビュー】クイーンのアルバム『戦慄の王女』を聴いてみて分かったこと

クイーンのアルバム『戦慄の王女』レビュー
axlcity
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

洋楽を小6から追っている私ではあるが、実はクイーンはベスト盤でしか聞いたことがない。

2018年の映画『ボヘミアン・ラプソディ』をはじめ、2月のクイーン+アダム・ランバートの来日公演に行ってから居ても立っても居られなく、1からクイーン体験をしたくなったのだ。

そこで今回からアルバムのレビューをしていこうと思う。

クイーンの1発目はもちろんデビューアルバム『戦慄の王女』だ!

つる
つる

クイーンをはじめから聴きたいという人向けの内容となっている。感覚や感性の話ではあるが、これから聴く人へ参考になればいいと思っている。

この記事で分かること/おすすめな人
  • 初見ならではの素のレビュー&考察
  • これからクイーンを聞きたい人
  • ベスト盤でしか聴いたことのない人
  • おすすめ度合い(★5段階評価)
  • アルバムの歴史
  • 洋楽をとことん楽しみたい方
スポンサーリンク

『戦慄の王女』全曲レビュー/おすすめ度(★5段評価)

アルバム『戦慄の王女』ガイド
収録曲収録時間おすすめ度(5段階)
1Keep Yourself Alive3:47★★★★★
2Doing All Right4:09★★★★☆
3Great King Rat5:43★☆☆☆☆
4My Fairly King4:08★☆☆☆☆
5Liar6:25★★★☆☆
6The Night Comes Down4:23★★★★☆
7Modern Times Rock ‘N’ Roll1:48★★★☆☆
8Son And Daughter3:20★★☆☆☆
9Jesus3:44★★☆☆☆
10Seven Seas of Rhye1:15★★★★☆

1. Keep Yourself Alive

「ジュコ、ジャンジャカ、ジャンジャカ、ジャンジャカ、ジャンジャカ」とLチャンから聞こえるギター、その後Rチャンからも聞こえてきて和音となる。

おおいいぞ、いいぞ、ドラムにベースが加わる。ここまで35秒の伴奏。

ギターの音色が美しいロックンロール・ナンバーだ。

2:38からのバイオリンのようなブライアン・メイのギターの七変化は必聴、3:14からも同じフレーズが繰り返されてクラシック音楽のように音の厚みがある。

ちなみに邦題は「炎のロックンロール」。自分自身の魂を燃やせという意味では曲のテーマとは合っているかな。あながち間違いではない。

つる
つる

印象的なオープニングのギターリフはのちにアメリカのバンドハートが1977年の楽曲「Barracuda(バラクーダ)」で似たリフを演奏しているよ。

テキーラ
テキーラ

しっかりロックのDNAを受け継がれているな!

ハートの「Barracuda(バラクーダ)」(1977年)

歌詞から伝わるのは「お前自身を生かせ!」という強いメッセージだ。

「時間と金をうまく使えば、生きていけるし満足させろ」というコーラス部分は現代に生きる我々にも響くものがある。

考察

Aメロで歌われる歌詞の中で”I sold a millon mirrors”と歌われている部分は体験談を元にしていると考察できる。

というのもフレディ・マーキュリーとロジャー・テイラーの2人はケンジントン・マーケットでお店を開き、古い絹のスカーフを売ったり自分たちのアート作品を売っていたからだ。

またフレディが私物で着ていたものをロジャーに売られ、慌てて取り戻したという面白エピソードもある。

2. Doing All Right

イギリスのバンドなのに頭の中に浮かんでくるのは、西日に照らされる荒野の一本道をオープンカーで走る情景だ。

テキーラ
テキーラ

1日の終わりに聴きたくなるな

アコースティックギターの演奏や重なるハーモニーから60年代末のアメリカの音楽の要素を感じ取れる。

2:06からハードロックに変化。そこから再びフォークやカントリーのような雰囲気に戻るのを繰り返す。

「自分の力でうまくやっていけるよ」というこの曲のメッセージは一曲目の「Keep Yourself Alive(炎のロックンロール)」とセットで聞くとなお良い。

つる
つる

この曲でピアノを弾いているのはブライアン・メイなんだよ

特に曲の終わりのハーモニーになのだが、どこかで聴いたことあると思ったら、1976年のスターランド・ヴォーカルバンド(Starland Vocal Group)のアフタヌーン・ディライト(Afternoon Delight)を思い出させた。

スターランド・ヴォーカルバンドの「Afternoon Delight」(1976年)

この曲の終わりでも3音域にわたるハーモニーが素晴らしいのだ。

クイーンのほうが先だけどこういったところで継承されているのが面白い。

豆知識

オリジナル曲はクイーン結成前の「スマイル」というバンドの曲。

曲名も「Doin’ Alright」という表記であった。

原宿のポップアップストアで展示されていたレコード(日本のみでLP化されたもので現在は入手困難)

3. Great King Rat

6ペンスのコインと弦の2つの金属がぶつかるガリガリ音で幕を開ける。

つる
つる

この前ライブで聞いた「We Will Rock You」のオープニングのようなサウンドだ。

最初の2曲と比べるとだいぶ難しいが「パカラッ、パカラッ」っと馬が駆けるようなリズムが印象的な曲。

「ワォワォ」と水中で声を出すようなワウの効いたギターがところどころ荒々しく演奏され、後半にタンバリンとドラムがギターソロを支える。

3:55からのサンバのようなキレのあるリズムからも色々な音楽の影響を受けている面白い曲ではある。

しかし正直歌詞がパッとしない。ラットという王様が死んだという内容だしよく分からない。

豆知識

King Ratというのは”Grand Order Of Water Rats”というイギリスの芸能興行関係者の友愛団体・慈善団体の会長のことを示しているそうだ。

またブライアン・メイもこの団体のメンバーのひとり。Blue Collar Ratという称号がついている。

【参考】『クイーン全曲ガイド』著・石川隆行(シンコーミュージック・エンタテイメント・2019年)

【参考サイト】Grand Order of Water Rats

考察

歌詞の中で5月21日生まれたKing Ratは44回目の誕生日に死んだと続く。

調べたところ44歳で亡くなったのはダン・レノというヴィクトリア朝時代の喜劇俳優。彼は第2代、第3代、第8代のKing Ratを勤めていた人物である。

しかし5月21日に生まれたという事実はなく真相は闇の中である。

イギリスで5月21日に起きた出来事を調べると、ヘンリー6世がロンドン塔に幽閉され亡くなった日付ということが分かった。(5月22日という説もあり)

【参考サイト】Grand Order of Water Rats

4. My Fairly King

イントロで聞こえるギターのフィードバックはヨハン・シュトラウス2世の作曲したウインナ・ワルツ『春の声』の冒頭部分ととそっくりだ。

いやオマージュといったほうが良いだろう。

ヨハン・シュトラウス2世のウインナ・ワルツ『春の声』(1882年)

ピアノの伴奏から入ると「アアアァァァー」っとロジャー・テイラーの高音域の声が雷のように聞こえてくる。

超絶な声だ。

そしてホールで聴いているような反響音があり広がりを感じる。とにかくハーモニーが最高だ。

1:22から再びロジャーの高い声が鳴り響く。ヘッドホンで聴いていると結構衝撃的だ。

いやいやこれがクイーン?なのだ。

テキーラ
テキーラ

歌詞はファンタジー作品みたいな内容で良いけど、曲調はロックではないな。物足りない。

3:00から始まるブライアンのギターから伴奏が早くなる。ドラムとピアノが合わさり駆け足になるものの、最後はゆったりとバイオリンのような音で閉める。

豆知識

歌詞の中に「母なるマーキュリー」(”Mother Mercury”)と歌われる箇所があるのだが、のちにファルーク・バルサラからフレディ・マーキュリーと改名する時に引用されたという説がある。

【参考】『クイーン全曲ガイド』著・石川隆行(シンコーミュージック・エンタテイメント・2019年)

5. Liar

ハードロック要素が出だしからプンプン漂ってくる楽曲だ。1分25秒という尺をたんまり使いイントロから図太いギターサウンドを繰り広げる。

フレディの演奏するハモンド・オルガンが重なることで音と音のつながりを作り出している。

「Liar」と聴く人をはじめから終わりまで印象付けさせる。

テキーラ
テキーラ

“Liar”と歌う箇所は強弱があるのもそうだけど、ひとつひとつ個性があるよな。

4:22からテンポが変わり、民族音楽が取り入れられている。

また”Mama I’m Gonna Be Your Slave”と、このときに歌われる。この点からも大昔の奴隷制の要素を感じさせるのだ。

他にも歌詞からは「ボヘミアン・ラプソディ」と同じように、罪を犯した人間が許しをこうという宗教的な内容が濃い。

後半のブライアンの伴奏につられるように出てくるジョン・ディーコンのベースがカッコ良い。鼓膜までその太い音が届いてくるのだ。

つる
つる

元々は「Lover」っていう曲だったそうだよ

考察

歌詞の中に”Liar from Mars to Mercury”(嘘つき 火星から水星へと)という箇所があるのだが、これはデヴィッド・ボウイからフレディ・マーキュリーという意味を表しているだろう。

2人ともイギリスの歌手で、デヴィッドは火星からやってきたロックスターを演じた。そしてフレディも名前をマーキュリー(水星)に変えている。

化粧をしてラメのついた衣装を身にまとうグラム・ロックからクイーンへと受け継がれているとも捉えられる。

6. The Night Comes Down

複雑なリズムで繰り返されるアコースティック・ギターとベースが同じフレーズからフレディの歌声へと展開する。

ゾクゾクと緊張感のある様子から一転、朝日が当たり温もりを感じるような明るい曲調へと変化する。

歌詞の中に”Lucy was high…”というところはビートルズの「Lucy in the sky with diamonds」に登場するルーシーだろう。

日本語の和訳を見てもこの箇所は訳されていない。

Highは空の上(in the Sky)と気分がハイになっているという2つの意味を考えることができる。

ザ・ビートルズの「Lucy in the Sky with Diamonds(ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ)」(1967年)

come downとは「〜を降ろす、〜が壊れる、効き目が切れる(薄まる)」という意味があるのだが、この歌の場合は「夜が明ける」と意訳したほうがしっくりくるだろう。

そして「夜が明ける」というのは「我に戻る」という意味の隠語であるだろう。

豆知識

歌詞はLSDによる幻覚状態を描いている。

確かに「世界はすべて灰色だ」、「道を見失うのが怖い」という歌詞から自分の視界がおかしくなり我を失いそうになる状況を表現している。

【参考】『クイーン全曲ガイド』著・石川隆行(シンコーミュージック・エンタテイメント・2019年)

7. Modern Times Rock ‘N’ Roll

やはりこの曲もレッド・ツェッぺリン要素がところどころ感じる。

冒頭の駆け足な感じもレッド・ツェッぺリンの “Rock and Roll” にインスパイアされているのがわかる。

レッド・ツェッペリンの「Rock and Roll(ロックン・ロール)」(1971年)

そしてこの曲名には”Modern Times”(現代の/モダンな)を付け足している。

つまりクイーンが求めるロックンロールとはこういうことだと表現した一曲だ。

ロック感全開のこの曲は、本作『戦慄の王女』で唯一ロジャーがメイン・ボーカルを勤めている。

つる
つる

曲の最後に「Look Out!!」と聞き馴染みのない声が聞こえるんだけど、これはエンジニアのジョン・アンソニーの声だよ。

8. Son And Daughter

この曲にもどこかレッド・ツェッペリンを感じさせるヘヴィーなサウンドがある。

ロジャーの声もあるがフレディが喉の奥から太い声を出しているのもある。

2:19〜2:26の「I want you to be a woman」と歌う箇所は完全にレッド・ツェッペリンの”Whole Lotta Love”だろ。

レッド・ツェッペリンの「Whole Lotta Love(胸いっぱいの愛を)」(1969年)
豆知識

ベースのジョン・ディーコンがクイーンのオーディションの際に弾いたのがこの曲。

9. Jesus

「ジャン、ジャン、ジャー、ジャン」と単調な伴奏で始まる。

後半の伴奏は60年代のサイケデリックなサウンドが楽しめる。

特にブライアンのギターから奏でられるファズ(Fuzz)のサウンドは荒々しくて、どこか怪しい感じが聞いていてゾクっとする。なんとも言えん。

それから、3:08と3:12のギター・アルペジオが聴いていて気持ち良い。ブライアンの指ずかいすら想像できそうで、どこかクラシック音楽を聴いているような気さえする。

豆知識

新約聖書が歌のもとになってる。歌詞には「3人の賢者がベツレへムにやってきた」とある。

これはマタイによる福音書の2章に書かれている内容で、イエス・キリストの誕生を告げる星が見えたため、はるか東バビロニアから占星術師の学者たち(東方三博士)が挨拶にやってきたというものだ。

東方三博士は「カスパール」「バルタザール」「メルキオール」の3人と言われているが実際の人数は不明である。

クリスマスツリーの上にある星がベツレヘムの星である。

10. Seven Seas of Rhye

インストルメンタルで1分15秒と短い曲だが、最初のピアノの伴奏で一気に飲み込まれてしまった。うん、多分これは名曲に違いない。

ピアノの伴奏から始まり壮大な世界に広がっていく、ファンタジー物語がこれから始まると言わんばかりの印象だ。

邦題は「輝ける7つの海」

アルバム『戦慄の王女』の歴史・解説

アルバム『戦慄の王女』は1973年に発表したクイーンの記念すべきデビュー・アルバムだ。

解説

クイーンの母体となるバンド「スマイル」からボーカリストが抜けたところに、ファンであったフレディ・マーキュリーが新ボーカリストとして参加。

彼はバンド名を「クイーン」と改める。オーディションで最後にベーシストのジョン・ディーコンが加入しクイーンが結成される。

詳しいクイーンのバンド解説は「【入門解説】クイーン〜イギリスからやってきたロックの貴公子〜【2024年来日特集】」を参考にしてもらうと理解が深まるだろう。

ひょんなことから、クイーンはレコーディング・スタジオのデモンストレーション・バンドとして機材テストをするチャンスを得る。

そこで早速デモテープの制作に取り掛かったのだ。

その後ロンドンの「トライデント」というマネジメント会社と契約。

ジョン・アンソニー(John Anthony)とロイ・ベイカー(Roy Baker)という2人のプロデューサーの下でアルバム制作に取りかかる。

スタジオでは24トラックのレコーダーを駆使して多重録音を取り入れ音に厚みと奥行きを作り出した。また同スタジオでは大物ミュージシャンも出入りするため、空き時間で地道に制作を続けていった。

そして1973年7月13日に満を辞して発表したのが『戦慄の王女』だ。

そしてレコードの裏面にはこう書かれていた。

nobody played synthesizer

(誰もシンセサイザーを演奏していません)

Queen / Queen TOCP-65841
フレディがデザインしたクイーンのロゴ

またアルバムのカバー・デザインは写真家のダグラス・プディフット(Douglas Puddifoot)が撮影したもので、フレディがデザインしたロゴが描かれている。

まとめ:『戦慄の王女』を全曲解説してみて

初めてアルバム単位でクイーンを聞いてみたのだが、正直難しいという第一印象だ。

ロックと一言でまとめることができない。

これは、フレディがインド音楽などに影響を受けているのも要因の一つだろうし、クラシック音楽やワルツ、プログレッシブ・ロックのような実験的なロックジャンルが混ざっているからであろう。

それにしても70年代のロックンロール全盛期に出てきたとは面白い。

クイーンとはまさにそんな時代に彗星の如く現れたバンドだ。

いや〜、次回作がどのように進化していくのか気になってしまう。

このようにアルバムのレビューをしていくので、気になる方はチェックをしてもらえると幸いだ。

それでは洋楽を楽しみましょう!

SEE YOU NEXT WEDNESDAY!

【クイーン関連の記事はこちらから】

【人気記事はこちらから】

Xからの読者コメント&フォローをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
管理人:つる
管理人:つる
音楽ブロガー・ライター/イラストレーター/ミュージシャン
音楽に取り憑かれたロックン・ロール信者。中でもとにかく洋楽が好きで365日毎日聴き続けている。大学生の頃アメリカ留学中に受けた授業「ロックの歴史」に感銘を受け、そこから次世代の小林克也を目指すようになる。

CD、カセット、レコードなどアナログで鑑賞、アルバムを手に取ってはニヤニヤする変態。特技は80年代洋楽をミュージックビデオと共に1時間鑑賞する事。

日本全国、いや全世界にロックを必修科目にさせるべく日々魅力的な記事を投稿中。
記事URLをコピーしました