カルチャー
PR

【レビュー】クイーン公式ポップアップストア「QUEEN THE GREATEST POP-UP STORE」に行ってみた【原宿】

クイーンのポップアップストア
axlcity
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

現在クイーンが4年ぶりの来日公演をしている。そんな中、東京の原宿では公式ポップアップストアが期間限定で開催、早速行ってみた。

これから行きたい人や気になっている人、遠方で行けない人にも役立つ内容となっているので最後まで見ていただけると幸いだ。

この記事で分かること
  • 「QUEEN THE GREATEST POP-UP STORE」の雰囲気
  • 扱い商品のラインナップ
  • 展示品の紹介
  • 混み具合
スポンサーリンク

店頭の雰囲気

POP-UP STOREの全体像
正面入り口

2月3日(土)からオープンであったのだが、週末の混雑を避けるために平日にずらした。

しかし月曜日に東京で大雪警報が出て、結局訪問できたのは2月8日(木)になってしまった。

午前中にお店に到着。

ポップアップストアの前は人通りは多いものの、立ち止まる人も少なくすんなりと入ることができた。

つる
つる

オープン前の先行販売会も開催されていたそうだよ

では、早速1階を見てみよう。

店内の雰囲気

1F

正面の商品ラインナップ
左壁ぞいのアパレル商品
入り口右側にある生花。静寂の中の秘めたる躍動感を表現している作品
店内イメージ図

入店してみると7〜8人のクイーンファンがすでに店内をにぎわしている。

すごい人気ぶりだなと改めて感心してしまう。

1階の商品ライナップを紹介する。

1階入り口正面にあるのは手ぬぐい、ティーカップ、湯呑み、お酒セット、箸セットの商品が並んでいる。

レジの正面には別柄の手ぬぐい、アパレルの棚の1番奥には、“RADIO GA GA”ラジオ、ジェンガ、ルービックキューブなど今回のポップアップで新たに出た商品が展開されている。

テキーラ
テキーラ

お目当てのクリアファイルがすでに売り切れていたのが残念だったな〜

では続いて2階へいってみる

2階へ続く階段

2階へ行く階段にも楽しみが満載だ。

コの字型の階段には縦長に飾られた写真が展示されている。

各年ごとの写真の切り貼りではあるものの、じっくり眺めたくなる。

私と同じく階段で立ち止まり写真を撮る女性ファンも多く見かけた。

2F

さて2階へ到着すると右側にはクイーンのアジアバージョンのクレストを発見。

カタカナでクイーンと書かれデザインも獅子と狛犬になっているのも見どころだ。

2階は比較的空いていて3〜4人のクイーンファンがパシャリと記念写真を撮っていた。

つる
つる

店内の写真撮影はOKだよ!

2階へ上がってすぐ左側の棚
過去作から日本限定のライブベスト「絆(KIZUNA)」も販売している

2階へ上がってすぐ左側にはメンバーの写真がお出迎えする。

写真の下にはアクリルスタンド、クリアファイル(前回のポップアップのもの)、クイーン関連の書籍、CD、レコード、Blu-rayがずらっと展開されている。

先程の棚の真後ろ(2階真ん中の棚)には上記の写真の商品が展開されている。

便箋、榛原(はいばら)ノート、六角筆筒、うちわ、グラス、けん玉、コインケースなどといった商品ラインナップだ。

アルバム『ホット・スペース』のデザインを施したノートはつい手にとってしまった。

同じく真ん中の棚には当時のバックステージ・パスのグッズなどが飾られており、クイーンの公式アーキヴィストのグレッグ・ブルックス氏のコレクションで、日本で未開催の”マジック・ツアー”のグッズも展示してあった。

メモ

※アーキヴィスト…資料を収集し管理、保管をする専門家のこと

「クール・キャット」の手書き歌詞(レプリカ)とコレクション品
上段右側のコレクション品
下段左側のコレクション品
下段右側のコレクション品

さてお次は窓際にあるガラスケース、『カインド・オブ・マジック』のイラストが描かれた真下のもの。今回の1番の目玉と言っていいでしょう。

それでは左側のショーケースから1つずつ紹介していく。

『オペラ座の夜』完成記念サイン
ファン・クラブ会報&グッズ
公演パンフレットと日本公演の全チケット

激レアなのはやはり「ボヘミアン・ラプソディ」の収録されているアルバム『オペラ座の夜』のサイン入りレコードだろう。

世界初のクイーン写真集と付録/直筆サイン入りのポートレート
メンバーの手書き歌詞

「RADIO GAGA」と「ハマー・トゥ・フォール」、「永遠の近い」「ブレイク・フリー」の手書き歌詞。ロジャーの「RADIO GAGA」の歌詞の筆跡は非常に読みやすい。

テキーラ
テキーラ

ロジャーの書く「I」の文字が独特すぎて興味深かったわ〜

クイーンの前身バンド、SMILE(スマイル)のアルバム『ゲッティン・スマイル』

レア品を見納めた後はショーケースの隣の棚のアパレルをチェック。

BRIANと赤い字で書かれたTシャツやロジャーのTシャツが窓際に使い棚に陳列され、その他アパレルは隣に展開。1階のアパレルとは違い過去のポップアップの商品や復刻品などが並べられている。

日本公演の復刻品やアジアバージョンのクレストがプリントされたTシャツ
マグカップやキーホルダー、ポストカードが販売

1番奥には過去に開催したポップアップの商品が展開、今回のホームページには掲載されていない商品もある。

さらに1番奥のモニターにはクイーンのドキュメンタリー作品が流れておりタイミングがいいとライブ映像や「ボヘミアン・ラプソディ」の解説を視聴することができる。

記念写真を撮れる等身大パネルもある

アクセス方法

アクセス方法としてはJR原宿駅の竹下口と東京メトロ 千代田線・副都心線 明治神宮前駅の3番出口の2通りある。

私が今回行ったのは前者の方法だ。ほんの誤差だが若干、竹下口からの方が近い気がする。

MAP
住所東京都渋谷区神宮前1丁目6-9 OM169ビル
交通アクセスJR山手線 原宿駅 竹下口から徒歩4分

東京メトロ 千代田線・副都心線 明治神宮前駅 出口3から徒歩4分
電話番号不明
営業日11:00 – 20:00
休業日なし
開催期間2024年2月3日(土)~2024年2月18日(日)
SNSUniversal Music Japan公式HP

クイーン日本レーベル公式X
※2024年2月現在の情報です

Googleマップ上では「STYLENANDA HARAJUKU」と表示されていますが、現在はその跡地でポップアップストアを開催しています。

追記情報(2024年2月)

ポップアップストアは終了したが、オンラインストアで購入することができるようになった。

【出典】クイーン日本レーベル公式 Xより

まとめ

いやぁ〜、オープンから6日後に訪問したのだが相変わらず原宿はにぎやかだ。

明治通り側の竹下口にある「CHANGE ViSiON」に数秒流れるクイーンの映像

竹下通りではクイーンの来日を大歓迎するかのように「ドント・ストップ・ミー・ナウ」(”Don’t Stop Me Now”)と「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラブ・ユー」(”I Was Born to Love You”)が爆音で流れていた。

1月には日本にだけ販売を許された日本のファンの連曲した日本限定クイーンのライブ・ベスト『絆(KIZUNA)』が発売され、クイーン熱は高まっている。

2024年に入ってからまだ2ヶ月だが、すでに大物海外ミュージシャンたちが来日公演ラッシュを行い世間をにぎわしている。

ぜひこの洋楽の波に乗って、竹下通りで開催中のポップアップストアに足を運んでみてはいかがだろうか?

来日公演最終日は私も参加予定、後日ライブレポートも記事にするのでぜひチックしてもらえると幸いだ。

それではよき洋楽ライフを!

SEE YOU NEXT WEDNESDAY!

【ライブレポートはこちら】

【ライブレポート】クイーン+アダム・ランバート来日公演2024年東京ドーム最終日、伝説を目撃してきた。

合わせて読みたい
【ライブレポート】クイーン+アダム・ランバート来日公演2024年東京ドーム最終日、伝説を目撃してきた。
【ライブレポート】クイーン+アダム・ランバート来日公演2024年東京ドーム最終日、伝説を目撃してきた。

【人気記事はこちら】

Xからの読者コメント&フォローをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
管理人:つる
管理人:つる
音楽ブロガー・ライター/イラストレーター/ミュージシャン
音楽に取り憑かれたロックン・ロール信者。中でもとにかく洋楽が好きで365日毎日聴き続けている。大学生の頃アメリカ留学中に受けた授業「ロックの歴史」に感銘を受け、そこから次世代の小林克也を目指すようになる。

CD、カセット、レコードなどアナログで鑑賞、アルバムを手に取ってはニヤニヤする変態。特技は80年代洋楽をミュージックビデオと共に1時間鑑賞する事。

日本全国、いや全世界にロックを必修科目にさせるべく日々魅力的な記事を投稿中。
記事URLをコピーしました